2010年04月24日

ARBとCa拮抗薬の配合剤選びは「薬価の差がファクター」(医療介護CBニュース)

 大阪府立急性期・総合医療センターの荻原俊男院長は4月21日、ノバルティスファーマのメディアセミナーで講演し、複数あるアンジオテンシン2受容体拮抗薬(ARB)とカルシウム(Ca)拮抗薬の配合剤の選択について、「配合剤同士で効果の差は大きくない。薬価の差がファクターになるのではないか」と述べ、患者の経済負担を考慮するポイントとした。

 また、高血圧症治療の現状として、降圧目標を達成するために多くの高血圧症患者が複数の薬剤を必要としていると指摘。その上で、配合剤には▽効果の持続・増強▽アドヒアランス(服薬継続)の向上▽利便性の向上▽医療制度における経費削減や患者側の負担削減▽副作用の低減―などの利点があり、併用投与よりも有利だとした。

 現在、ARBとCa拮抗薬の配合剤としては、このほど発売されたノバルティスファーマのエックスフォージ(ディオバン/アムロジピン、薬価=130.1円)、第一三共のレザルタス(オルメテック/カルブロック、低用量91.0円、高用量170.1円)がある。また、武田薬品工業は16日付でユニシア(ブロプレス/アムロジピン)の承認を取得した。


【関連記事】
自社品配合の高血圧症治療薬レザルタスを新発売―第一三共
武田薬品、新製品5品目の承認を取得
緑内障・高眼圧症領域に配合剤が相次ぎ登場
【中医協】ノバルティス、第一三共のARB配合剤などの薬価が決定
【中医協】医療機器86件の新規保険適用などを了承

国内線好調、日航は国際線減=GW空の便予約-航空各社(時事通信)
<外国人男性刺殺>フィリピン人容疑者を逮捕…三重県警(毎日新聞)
トヨタ、小澤専務が代表権を持つ専務に昇格(レスポンス)
志位委員長が訪米へ=結党以来初めて-共産(時事通信)
<ミシュランガイド>東京版に横浜と鎌倉を追加 11月発刊(毎日新聞)
posted by ツチダ トシオ at 01:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。